FXのテクニカル分析

FXのテクニカル分析というのは、テクニカルチャートを見て、これから先のFXの相場がどうなるのか、色々と分析をすることを言います。テクニカル分析には色々とチャートの種類があります。ローソクチャートは一般的に有名で、これは特定の時間のレートや根の動きを4本の値で表示するグラフのチャートです。
初心者はFXのこれからの動きを自分で見分けるというのはなかなか難しいことではありますが、将来の値の動きを確認するということはとても大切なことです。今の動きだけを見て判断するのではなくて、これからの動きや過去の動きなどを見る必要があるのです。
テクニカル分析をする際に最初は慣れないので、どこをどう見て分析をすればいいのか、迷ってしまう人も中にはいるかも知れませんが、気がつけば、自然とテクニカル分析が身に付くようになる人も多いですし、FX業者の中には、詳しいテクニカル分析のチャートを機能の一つとして掲載しているところもあります。支持線や抵抗線についても確認をするようにして、もちあいや、Wトップ、Wボトムの動き、ヘッド&ショルダーなども見極めることが大切です。
初心者はまずはこれらのテクニカルチャートの見方やこれはどうなっているのかということなどを良く頭に入れておいた方がいいかも知れませんね。その上で、チャートが見られるようになれば、いよいよテクニカル分析を実際にできるようになり、将来の動きを早く知ることが出来るようになると思います。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33009952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック