くりっく365

FX取引をしているとくりっく365という言葉を耳にすることがあると思います。


このくりっく365というのは東京金融先物取引所が運営している為替証拠金取引のことを言うのですが、税制上かなり優遇があるという取引のことをいいます。


くりっく365とFXの違いはどのようなことがあるのでしょうか。


まずFXは利益を上げるとそれは雑所得扱いになります。


他にある給与所得と一緒に総合課税になりますから課税対象、つまり税金がかかるということになります。


会社員で普通のサラリーマンの人の場合には給料とFXの利益を合わせた額に税金がかかってくることになります。


所得税というのは所得が上がれば上がるほど税金のかかる率も上がってきます。


所得税と住民税を足したものの最高税率は、50%になっていますから、FX取引で得た利益が大きければ大きいほど税率も上がるということになります。


しかしくりっく365の方では、利益が雑所得にはいるというのは同じなのですが、利益に対しては20%の申告分離課税ということになりますから、どれだけくりっく365で利益を上げたとしても最高で20%の税率で済むということになりますからかなり高額の利益を設ける人にはFXに比べると税制面でのメリットが大きいということになります。


しかし逆に言えば、あまり利益が出ていないという場合でも20%の税率になるのでその場合には利益を上げていない人にとっては不利に働くこともありますので注意しましょう。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx