ロストカット

FX取引の中ではリスク対応策としてロストカットという方法があります。


このロストカットという方法はどのような方法なのでしょうか。


マージンコールもリスクを抑える方法として有効な方法ですが、このロストカットはさらにリスクを抑えるための方法といえると思います。


証拠金がある程度の決められたパーセンテージを割り込んだ場合には、自動的に決済されてしまうというシステムで、マージンコールに対応がなければFX業者で強制自動決済が行われるという方法のことをいいます。


これはリスクを自動的に確定されて決済されてしまいますから、投資をしている人としては勝手に決済されて損をすることにもなるのですが、それ以上損をしないためにもこの方法はかなり有効な方法です。


利益を狙いながら冷静にリスクに対しても対処するということは大切なことなのです。


ロストカットと同じような言葉にFX取引の中には、ストップロスという言葉があります。


このストップロスというのは何かというと、ロストカットが業者が自動強制的にリスクをとどめさせる方法に対して、ストップロスは投資家が進んでリスクを限定させるという方法のことになります。


業者によってリスクを最小限に抑えられるのか、それとも自分の手でリスクを最小限に抑えるのかという違いがストップロスとロストカットの違いということになります。


予想を読み違えてしまったときには、それに対していつまでも利益に執着せずにストップロスすることも大切です。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx