指値注文と逆指値注文

FXの注文方法の一つに指値注文という方法があります。


この注文方法はどのような方法なのかというと、売りたい値段と買いたい値段を前もって決めておける注文方法のことをいいます。


1ドルが100円の時に、たとえば99円になったらドルを買って、101円になったらドルを売るというようにあらかじめ決めておけるというものになります。


これならパソコンの取引画面の前でずっとチェックしていなくても自分が値の動きがどうなったらどうしたいのか、あらかじめ決めておけるのでとても便利です。


しかしこの便利な指値注文の取引にも注意点はあり、為替のレートが自分が予想したとおりに動かなかった場合には、その取引が全然成立しないこともあります。


流行を先読みして出来るだけその時の標準や相場に近いレートで指値注文を入れるということがポイントになってきますから意外と難しいのです。


そして逆指値注文というものがあるのですが、こちらは、FXで損失を出しそうになったときにその損失を最大限抑えることができたり、流行に乗ることができるという注文方法のことをいいます。


1ドル100円の時に101円になったらドルを買う、99円になったらドルを売ると最初に決めて置くのですが、これは指値注文とは全く逆で損を出す指定になっています。


なぜこのようなことになっているのかというと、為替のレートというのは波が必ずありますから上向きのトレンドになりそうな時はドルを買って下降気味なら損失を抑えるために先がけて売るということになるのです。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx