レバレッジ

FXの最大のメリットとしてレバレッジがあります。


FXのレバレッジというのは、てこの原理のことをいいます。


てこと言えば大きなものを小さい力で動かすことができるということになるのですが、FXのレバレッジというのは、少ない金額の証拠金で大きな額の取引が可能ということになります。


レバレッジ何倍といったように設定をするのですが、この設定はFX取扱い業者によって違っています。


相場的には10倍から20倍に設定しているところが一番多いのですが、業者の中にはレバレッジが400倍になっているところなどもあるので色々です。


レバレッジ400倍で取引をするということは、証拠金が10万円でなんと4000万円の取引ができるということになるわけです。


為替のレートの動きがそれほど大きくなくてもかなり大きな利益を得ることができるのですが、逆に言ってみれば、為替レートの動きがそれほど大きくないのに、大損害につながるということにもなります。


ですから、レバレッジが高ければ高いほどハイリスクハイリターンになるということです。


FXでレバレッジを利用することのメリットは、少ない資金でもかなり大きな取引、大きな利益を上げることができるということがメリットになります。


しかしレバレッジのリスクとしては、先ほど言ったように大きなレバレッジをかければそれだけ大きな損失を一瞬にして出してしまうかもしれないということになりますので、初心者の場合にはあまり大きくかけ過ぎないように注意しましょう。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx