FXと税金

FX投資を始めている人は、税金はどうなるのかと思っている人も多いと思います。

FX取引で上がった利益というのは、確定申告をしなければいけません。

1年間にFXでの利益が20万円以内の人というのは、確定申告は必要ないのです。

しかし、20万円を超えるという人は確定申告が必要になってきます。

FX取引で確定申告をする際の区分は雑所得ということになります。

FX取引初心者でも1年間に20万円は利益が出るという人は結構多いといわれています。

FXでの利益というのは、スワップ金利と為替差益の両方から出ますが、これの合計が1年間に20万円を超えれば確定申告をして税金を払わないといけません。

FXで上げた利益は所得といいますが、これは為替損益の合計とスワップポイントの合計から、売買手数料を引いたものが所得ということになります。

この所得というのが20万円以上になっている人は、FX取引で税金を支払うことになりますから、覚えておくといいでしょう。

FX取引で所得が大きくなればなるほど、税金を支払わなくてはいけないということになり、たくさん儲ければそれだけ税金もたくさん支払わないといけないことになります。

FX取引の税金に関してまとめてみると、為替差益とスワップポイントの両方で確定申告が必要になってきます。

収入が2000万円以下で給与所得と退職所得以外の所得がある人の合計が20万円以下の人は確定申告が必要ないということになります。

しかしFXでも必要経費などをしっかりと計上するようにすれば、節税もできますから覚えておきましょう。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx