FXのくりっく365

FXのくりっく365というのは、外貨証拠金取引のことですから、FXにとても似ているのですが、実際のところは少し違っています。くりっく365というのは、公的な市場で実施されている取引所取引ですが、FXの場合には非取引所の取引ということになっています。とても似ているので、くりっく365がいいのか、それともFXがいいのかわからない人も多いと思いますが、一概にどちらの方がいいということはないです。どちらもよく似た特徴でどちらが自分が求めている利益に近いかということで考えるといいかも知れませんね。
FXに比べて、くりっく365は、1万通貨単位と決められているのですが、FXの場合には1000通貨単位や、10万通貨単位など取引の際に決めることが出来ます。取引手数料はどちらが高いのかというと、くりっく365の方が若干高めで、FXの場合には業者が無料のところが多いです。
レバレッジについてみてみても、くりっく365の場合には、だいたい30倍が限度なのですが、FX業者の中には、500倍まで用意しているところもあるというのが現状です。スプレッドについては、FXもくりっく365も特に違いはありませんが、取引時間に違いがあります。くりっく365の場合には、取引時間は公設為替取引所で実施されているために、時間が決められているのですが、FXの場合には24時間取引できるという違いもあります。
このようにとてもよく似ているFXとくりっく365ですが、どちらを選ぶかは自分にとっての利益次第、ということになるのではないでしょうか。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx