FXと外貨貯金の違い

FXと外貨貯金の違いについてですが、よく、同じだと思っている人や、FXと外貨貯金はどう違うのかわからない人が多いといわれています。外貨貯金の場合には、日本の円よりも金利が高い国の通貨を使って貯金をした方が、国内外の金利の差によって利益を得ることが出来るとされています。FXというのは会社によって違っているのですが、少ない資金でレバレッジを使えば、多きな取引をすることも可能です。外貨預金の場合には、預け入れた際の金利で満期までそのまま維持されますが、元金がとても増えるということはありません。FXの場合には外貨預金に比べると、コストが安くて、有利とされています。銀行の手数料とスプレッドというのはとても高いので、FX取引手数料を見てみると、FX会社の多くは手数料が無料にアンっているので、銀行よりも手数料がかなり安いことがわかります。
また外貨預金は取引の時間帯が限られているのですが、FXの場合には24時間取引をすることが出来るというメリットもあります。外貨預金は満期があるので、満期になれば日本の円に戻す必要があるのですが、そのタイミングに円安だと不利なタイミングでの払い戻しになります。その点FXなら自分の好きなタイミングで決済できるという違いがあります。
銀行で扱われている通貨というのは、それほど数が多くありませんが、FXの方は通貨ペアの数が多いことも違いとして挙げられます。他にも外貨は為替差益だけですから、円高の時に外貨をもらうしか方法がないのですが、FXの場合には円安でも円高でも利益をあげるチャンスはあるのです。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx