FXの税金

FXを始めた人は税金について考えなければいけません。FXにかかってくる税金というのは、人それぞれ違っています。年末調整をした人はその他の所得が、20万円以内の場合には確定申告は必要ありません。しかしこれから説明する人は確定申告が必要なので注意しましょう。
年末調整がない人や、会社員で2千万円以上稼いだ人、給与所得以外に20万円以上収入がある人も確定申告をしなければいけません。最近は会社員が仕事をしながら、FXをするというケースが多いですが、この場合にFXでの利益が20万円以上になってしまった場合には、確定申告が必要です。確定申告では税金を納めることになります。
FXの中でもくりっく365というものがあるのですが、その利益は、一律20パーセントだけ課税されることになります。FXの税金は自分が挙げた利益に給与所得といった他の所得を足して、全部の総所得額によって税率が課税されることになります。
確定申告をしない人がいるのですが、FX取引会社が、税務署に連絡をしたり、提出を求められるというケースもありますから、結局あとでわかってしまいます。
少し前も主婦がFXで巨額の利益を出していたというのに、確定申告をせずに、申告もしていなかったということで、脱税容疑で逮捕されたというケースもありましたから、必ずFXで利益を上げた場合には確定申告をして、税金を納税しなければいけないので注意しましょう。隠したとしても後でばれてしまいます。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx