FXのマージンコール

FXのマージンコールというのはFX業者が発してくれる警告のことを言います。簡単に言ってみれば、維持保証金を割ってしまった場合に強制決算をすることはロストカットのところで紹介したと思いますが、必要証拠金が10万円で、維持保証金はその半分というFX業者があった場合に、もしも必要証拠金をすべて購入していた場合には、5万円の含み損でロストカットになります。初心者にとってはFXの仕組みの中で一番わかりにくい部分だと感じるケースもあるかも知れませんが、簡単に言ってみれば、ロストカットは最終手段で、何も言わずに勝手に強制決済されてしまうことになるのですが、それに比べると、マージンコールの方は、もうすぐ危ないゾーンに入るので気をつけた方がいいということを教えてくれる機能になります。
しかし実際のところFX取引の中でマージンコールがあった場合でも、1日以上経過しても良い方向に進まないこともありますし、結局ロストカットになるケースもありますが、マージンコールがなったら、できれば追加入金して、マイナスのポジションを確定させることで、含み損を減らすことは可能ですから、マージンコール機能というのは活用するべきことには違いありません。
FX初心者にとってはロストカットもマージンコールもどちらもリスクを最小限に減らすとても大切な仕組みとして、覚えておき、FX業者を選ぶ際には、これらの機能が充実しているかどうか確認しておいた方がいいでしょう。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx