FXの必要保証金

FXでは必要保証金とレバレッジに関係性があります。FX業者の中には1万ドルを購入するときに5万円の保証金が必要だということになっているとします。必要としているとはいえ、必ず用意しなければいけないというものではなくて、取引をするためのFX口座の中に5万円以上お金が入っていれば、買うことが可能であるということになりますので、5万円必ず差し出すことはないのです。担保という形と言えばわかりやすいと思います。
1ドルが100円の場合には1万ドルは100万円ですが、FX業者が決めた口座の中に、100万円しか保証金の残りのお金がなかったという場合には1万ドルしか購入できないということになります。これはレバレッジを1倍と考えたときの話ですから、たとえば、レバレッジが2倍という取引にすれば100万円の保証金でも2倍の200万円の2万ドルまで購入可能ということになります。
FX業者の中には固定で決めているわけではなくて、レートの何パーセントくらいというように決めている場合もあります。必要保証金の2%という場合には、1ドル100円だった場合には1万ドルなら、2%の2万円の必要保証金を用意しなければいけないということになりますし、この時点で、1ドルが120円に上がれば、保証金も24000円ということになるという仕組みです。
必要保証金とレバレッジはこのように関係性がありますので、この点をよく理解した上でFX取引に役立てて、儲けを出してみてください。初心者はあまりレバレッジをかけ過ぎないように注意しましょう。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx