FXとスプレッド

FXとスプレッドについてですが、このスプレッドというのはなんなのでしょうか。FXではスプレッドという言葉が出てきますから覚えておきましょう。例えば海外旅行に行く場合に外貨を購入する場合や帰国して外貨を売る場合には、レートに差が出てくるものです。買うときは高めに買わされるのに売るときは安く売られるというのが基本で、この差は銀行が利益としてとっています。しかしこの利益がFXで言うところのスプレッドと呼ばれているものになるわけです。
FX業者で1ドルの買いのレートが115.54円だった場合に、1ドルを売る場合のレートが、115.50円だったら、4ポイント差があることがわかると思いますが、これが1万ドルになれば、400円の差になりますし、1万ドルをすぐに売ったら、400円も何もしなくても損をすることになるのです。
スプレッドの差というのはFX業者によっても違っています。2ポイントで済むFX業者もあれば、6ポイント以上取っているようなFX業者もありますから色々です。FX業者を選ぶ際に、できれば、良い業者選びのポイントとしては、スプレッドの差は狭い業者を選んだほうがいいとされています。その方が得なのです。
他にも比較するポイントは色々とあるので、実際のところは、FX業者を選ぶ際にスプレッドだけを確認して選ぶということはなかなか難しいかも知れませんが、スプレッドに着眼してFX業者を選びたいと思っているのであれば、できれば、幅が狭いところを選んで得をしてください。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx