FXのポジション

FXの取引をしていくうえでポジションについては確認しておいた方がいいでしょう。ポジションというのはどういうことなのかというと、例えばですがドルと円のFXの通貨を持っていたとして、ドルを買うことはドル/円買い持ちしたというように表現します。または、ドル/円買いポジションを持ったという表現もありますから、言ってみればそのポジションを持っていることをFX用語で話をするわけですね。FX口座には普通は円で入金をするのですが円を入金して外貨を買う、ドル/円ロングのポジションしかできないというわけでなく、ドル/円のショートの取り引きも可能です。
FX業者が用意している通貨ぺアの組み合わせは色々とありますから、自分がどこのポジションから入ろうか考えて、ポジションは何でも可能ということになります。例えば、ドルが下がりそうだと予想されたらドル売り円買いというポジションを持つということになるのではないでしょうか。
FX取引をするうえで、色々と情報収集をしたりすると思いますが、情報収集の時にポジションという言葉も出てくると思いますから、自分がどのポジションからスタートさせるのかということなどは、頭に入れておいた方がいいのではないでしょうか。FX初心者の場合には、通貨ぺアを選ぶことや、通貨の仕組みについて知るなど、まだまだわからないことなども沢山あると思いますが、ポジションを安定させても受けられる工夫をすることもとても大切です。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx