FXのレバレッジ

FXのレバレッジというのはFX取引をするうえで一番のメリットとなると思います。レバレッジというのは簡単にいえばてこの原理のことを言います。例えてこれから紹介しますが、1ドル100円だったとします。手持ちの資金が100万円だった場合に1万ドル購入する場合には1万ドルも100万円も同じ価値になりますから、これはテコの働きが働いていないので、テコの倍率というのは1倍になるのです。しかし100万円で、もしも2万ドル購入することが可能であるとしたら、テコの原理が働いていることがわかるでしょうか。自分で持っているお金の2倍の取り引きが可能になっているのです。
100万円で10万ドルの取り引きが可能なら、レバレッジは10倍という計算になりますね。このFXの最大の魅力であるレバレッジというのは、何倍になっているのかは、それぞれの証券会社や、FX業者などによっても違っているのですが、初心者はあまり最初からレバレッジをかけ過ぎない方がいいでしょう。あまりレバレッジをかけ過ぎてしまうと、儲かればいいのですが損をした際にとても危険でリスクが大きすぎますので、できれば5倍から10倍くらいでやめておきましょう。
レバレッジが最大400倍くらいまでかけることが出来る、FX業者などもあります。これは、1万円持っていたら400万円まで取引可能であるということですが、損をして失敗してしまった時には、1万円しかもっていなかったのに、多額の負債を抱えることになりますので、十分に注意しておきましょう。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx