取引時間

FXの取引時間についてですが、株の投資をしている人なら、取引時間が短いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。確かに株の取り引きでは、株式市場の取引時間以外は取引が出来ない仕組みになっています。株の場合は朝9時から11時、そして午後12時半から3時という時間で取引されていますから、実質4時間半の取り引きということになります。
株取り引きとFX取引の違いとして、取引時間の違いが挙げられます。FXは24時間取引が可能であるというメリットがあります。日本時間でいえば、月曜の朝7時から土曜の午前7時までがFX取引時間なのですが、これは日本のFX取引時間であって、世界中にFX市場がありますので、時差の関係で、他の国の市場が開いていれば、その市場での取引が可能になるということです。ですから、日曜日以外は、24時間連日FX取引が出来るということになりますね。24時間取引が出来るということは、メリットになる反面でメリットにもなるといわれています。というのも株の場合には取引時間外は、取引が行われませんから、安心して他のことをしていられますし、眠ることも可能ですが、FXは常に動いているので、おちおち寝ていられないとか、取引画面をずっと見はっていなければならない状況になる人もいるのです。
FX取引時間は24時間ですが、すべて見ているわけにはいきません。要点を押さえて日本の時間帯以外でチェックするのであれば、アメリカ市場が開いている時間はチェックするといいかも知れません。
posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx