フィボナッチ

フィボナッチというのは、FX上では、フィボナッチ分析と呼ばれる方法です。


正式名称としては、フィボナッチリトレースメントと呼ばれる方法なのですが、為替の相場では、多くの投資家が利用している方法で、目標価格を予想するという方法です。


高値と安値から戻り値を自分でまずは計算します。


高値から安値を引いて、変動幅が押し目回のポイントになると予想をたてるというものです。


変動幅については三種類あって、流行の勢いが強いと思われる場合には、38.2%になって、勢いがあまり強くない場合には、61.8%、そして半値戻しになると、50%として計算をします。


FX用語としても知られているフィボナッチですが、始めに0があって、その0に1を足せば1になって、1に1を出せば2になってとずっと続いていく数字の関係のことをそもそも表現していることになります。


フィボナッチ級数がエリオット波動理論の数学的基本になっているのですが、少し難しいことではありますが、これを利用して、FXの相場に色々な形で使われているのです。


FX会社の機能の中にはこのフィボナッチを使って予想を立てる画面などもありますので、操作方法を理解した上で、実際に計算してみるといいかもしれませんね。


それほど難しいことではありませんし、慣れてくればスムーズに予想を立てられるようになるのではないでしょうか。


テクニカル分析の一つの方法として利用するという方法がいいでしょう。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx