システムトレードとは

FX取引をしていると、システムトレードという言葉が出てきます。


システムトレードというのは、機械的なトレードの方法の事を言います。


たとえば、コンピューターに任せたり、プログラムに自動取引をするということで、自動売買取引といった名前も付けられています。


FX自動売買ツールは、言ってみればシステムトレードと同じことになります。


FX取引には大きく分けると二つのスタイルがあって、個人で経験や、その時の相場を見て、感情なども入りながら売買するタイミングを破断するという裁量取引というものがありますが、そうではなくて、最初に設定している売買のルールがあるのですが、そのルールによって、機械が自動的に取引してくれるという形です。


初心者よりも、どちらかというと、FXの中級から上級の投資家に人気です。


システムトレードの特徴を簡単に紹介してみますが、まず24時間取引ができるということになりますので、投資家が寝ている時間も、システムトレードがちゃんと取引を代行してくれます。


そして人間は感情に流されてしまいますが、感情に流されないという特徴もあるのです。


システムトレードなら、あらかじめ設定しておいた通りのルール通りに取引してくれるので、自分で判断する取引の方法に比べると、安定した取引ができるのではないでしょうか。


初心者でも手軽にシステムトレードができるのですが、まずは取引の流れなどは理解しておいた方がいいですね。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx