スプレッド

FXスプレッドという言葉を、FXを始めると聞く機会が増えると思いますが、FXのスプレッドとは、売値と買値の値段の差を表しています。


簡単に言ってしまえば、FX会社の利益ということになります。


ということは、FX会社を比較する際に、FXスプレッドが高ければ損ということになりますよね。


高いということは、それだけFX会社に取られる利益が高いことになりますから、選ぶ際には低い所を選ぶというのがいいですね。


FX取引業者というのは、手数料代わりとして、スプレッドの中から利益を出しているという計算になります。


ですから取引無料や手数料無料のところがあっても、FX会社は必ず利益をとっているということになるのです。


言ってみれば手数料無料で当たり前ということになりますね。


スプレッドで利益をとっているのですから。


FX会社の為替レートは、インターバンクが出しているレートが元になっているのですが、このインターバンクのスプレッドはドル円、ユーロドルで0.5銭が相場です。


それぞれのカバーしている先によっては違ってくると思いますが、インターバンクが出す数字と、スプレッドの差が、言ってみればFX取引業者の利益になります。


FX取引で勝ちたい、利益を出したいと思っているのであれば、スプレッドの幅以上のポジションを持った動きをしなければいけないことになりますね。


ですから、結果的に、FXではスプレッドが小さな業者を選ぶことで、あなたにとっての利益が大きく出るということです。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx