レバレッジ

FXレバレッジとは、株やその他の投資とFXの大きな違いの一つにもなっている点です。


株の取引を行う場合には、その株を買うために、実際に数十万、数百万円資金を用意しなければ取引ができないことになっています。


しかしFXの場合には、実際にはなくても、実際の資金よりも大きな取引ができるのです。


それがFXレバレッジです。


FX取引を始める場合には、取引する会社や業者に、証拠金を渡します。


証拠金はいくら入れなければならないのかということについては、それぞれの会社により違っているのですが、大体の相場としては、10万円位が相場として預けることになっています。


しかし会社の中には1万円証拠金を預けただけで、スタートできる会社もあります。


1万円なら、手軽にFX取引を始めることができて便利ではないでしょうか。


これなら今まで敷居が高くて、多額の資金が用意できないために金融商品や投資商品に手を出すことができなかったという人でも手軽に始めることができるようになると思います。


この仕組みをレバレッジといいます。


レバレッジは、簡単に言ってみれば、てこの原理です。


てこの原理は、小さな力で大きなものを動かすことになりますが、FXにあてはめて考えてみると、小さな資金で大きなお金を取引するということになります。


資金があまりないという人でも、その資金の何十倍、何倍物取引ができるようになるというのが、FXの特徴の一つでもあります。


ハイリスクハイリターンなので、レバレッジをかけるときには、十分注意しましょう。

posted by fx本のレビュー・感想・評価 | Comment(0) | TrackBack(0) | fx